沖縄天ぷらはお腹が空いた時に気軽に食べる食文化です

沖縄天ぷらは衣が厚くウスターソースで食べる沖縄の県民食ですが、スナック代わりに食べられています。

沖縄天ぷらはお腹が空いた時に気軽に食べる食文化です

沖縄天ぷらはお腹が空いた時に気軽に食べる食文化です 熱帯海洋性気候の沖縄では、食材の保存が長期できる天ぷらが人気です。それは沖縄料理の代表的な食べ物の一つにもなっています。その沖縄天ぷらは、スナック感覚で食べられる衣の分厚い、味のついた天ぷらがポピュラーです。また熱帯特有の白身の魚は、大量の油で揚げて食べられます。これですと高い気温でも食べても大丈夫な様に魚料理は、主にてんぷらとして調理をします。それからイカの天ぷらも沖縄県民に広く食べられるのですが、衣がぶ厚い為に魚かイカの天ぷらかの区別がつきにくい沖縄天ぷらです。この衣がぶ厚い事と天ツユを使わずにウスターソースで食べる特徴があります。

その沖縄天ぷらの作り方は、通常の本土の天ぷらと同様に小麦粉と卵、塩でつくります。しかしホットケーキの様にドロットした粘り方の衣で揚げるのです。ですから衣がぶ厚くなるのですが、多くの天ぷら屋とお惣菜屋から買うことが出来ます。それは東南アジアの国々でも天ぷらを揚げた食品を気軽に買う光景を見かけます。そこで沖縄の県民食は、気軽に買うことが出来る沖縄天ぷらになるのです。その具の珍しい天ぷらは、ゴーややインゲン等があります。それは海水浴で泳いでお腹が空けば、沖縄天ぷらを食べるのが習慣にもなっている沖縄です。

Copyright (C)2014沖縄天ぷらはお腹が空いた時に気軽に食べる食文化です.All rights reserved.